面接の前に抑えたいポイント:英語面接のポイント

海外就職する際には英語での面接をしなければならないことも多くあります。不慣れな人は戸惑うかもしれませんが、恐れることはありません。書類選考の段階で、どの程度の語学力があるかは採用担当者も把握しています。

 

 

もしも英語力が不十分な場合でも、書類選考が通ったのならば、語学力をあまり重視していない可能性もあります。その場合は、採用担当者はあなたに配慮してゆっくりとはっきりと話してくれることでしょう。また、誤解が生じないように何度も説明してくれることもあります。

 

 

ある程度の語学力がある場合は、普通の速度で会話はおこなわれます。大切なことは、もしも分からないことやはっきりしないことが出てきたら、正直に言うことです。曖昧のまま、理解した振りをすることは信用問題につながりますので、絶対にしないようにしてください。

 

 

正直に言うことで、分からなかった部分の理解が進みますし、採用担当者もあなたの英語力がどれぐらいで、どの程度難しくなると理解できなくなるのかを把握することができます。このことにより、不採用となるリスクもありますが、逆に採用担当者があなたを気に入っていれば、英語に対してはフォローをしてくれることも期待できます。

 

 

海外就職した場合は、外国人であるので、コミュニケーションや文化の理解がうまく進まないこともありますが、それは企業側も承知の上です。お互いの言語や文化の違いにより様々な問題は生じますが、良く話し合うことで解決していけるものなので、何事も正直に言うことが大切です。

 


このページの先頭へ戻る