海外で働く前に必要な物:ビザ・滞在許可編

海外就職をした場合に、ビザの取得は大変大きな問題となります。滞在するにも働くにもビザは必要であり、この処理が上手くいかないと、日本への緊急帰国が必要になったり、もしくは近隣諸国へ一旦出国しなければならない場合もあります。

 

 

所得条件や取得方法は各国によって異なりますので、それぞれの国のビザや労働許可の条件を自分なりによく調べておく必要があります。何でも会社任せてしていたら、思わぬ多額の出費を強いられることもありますので注意が必要です。また、就職しようとしている会社の担当者がルーズでないことも大切です。

 

 

海外就職を成功させるにはまずはビザの取得がうまくいかなければなりません。もし、上手くいかなかったのに働けば不法就労となり、大変まずいことになりかねません。

 

 

通常は会社の指導のもと、規定の書類を出せば問題なく取得できるものですが、悪徳の会社の場合は、労働者が入国後に労働条件の変更などをつきつけてくることもあるので、労働者にとっては正直、頭がいたい問題となっています。実際にはある程度の良い給与条件だったので採用されて現地に行ったら、色々と言われて給与を下げられたりするのです。

 

 

しかし、それを受け入れなければ、ビザを発行するための書類を会社はつくらないと言い、労働者に無理矢理不利な労働条件を受け入れさせようとするのです。日本では考えられないことですが、海外就職する際にはよくあり、とても大きい問題ですので注意してください。

 


このページの先頭へ戻る