海外で働く前に必要な物:問題解決能力編

海外就職した場合、自分が唯一の日本人であり、管理職であることが多いです。仮に唯一の日本人でないにしても、他の日本人は異なった部門ですので一緒に仕事をこなすことはできず、何でも一人で問題解決をしなければならないことが多いです。

 

 

管理職であるがゆえにどんな問題にも柔軟に対応しなければならず、問題の種類も豊富で、毎日が問題解決の連続だといっても過言ではありません。発展途上国などで働く場合には、労働者の心構えやマナーがなっていなかったり、教育不足だったり、意志の疎通がうまくいかないことで、日本ではありえないほどの問題数があります。

 

 

部下や同僚との関係一つにとっても、言語の問題から始まり、文化の違い、仕事に対する考え方も常識も全てが異なるがゆえに、初めは多数の問題となります。これらの問題の多さにめげるのではなく、問題解決能力をつけて、必死に対応しようとする人が海外就職では求められます。

 

 

会社の日本人の誰もがおこなったことのない業務に挑まなければならないこともあり、マニュアルなどはありません。頼れる人もいないのです。全てを自分で考えて処理していかなければ、他に誰もやってくれません。

 

 

現地人の部下は、感覚自体が違いますので、思った通りには動いてくれません。根気強く、彼らを有効活用できる方法を見出していかなければなりません。しかし、考えようによっては、問題解決能力を養え、自由な裁量があり、非常に遣り甲斐のある仕事です。大変ですが得るものも多いので挑戦してみる価値はあるものです。

 


このページの先頭へ戻る