海外で働く前に必要な物:コミュニケーション力編

海外就職したい人にはコミュニケーション能力は必須となります。少なくとも日本語でのコミュニケーションが上手くとれない人にはチャンスはありません。

 

 

通常は、英語と現地語でのコミュニケーション力がある人が採用される場合が多く、様々な手段で上司や部下、顧客とのコミュニケーションをとっていくことが求められます。日本人が採用されるのは、顧客が日本人である場合が多く、この場合は、ただ話せるというだけではなく、商品説明がしっかりできて、商品やサービスを売り込める営業力も必要とされます。

 

 

ただ一人の日本人担当であることも多く、日本人顧客が現れた場合には独壇場となりますが、その分、顧客を逃した場合は目立ちやすく、あまりにも営業成績が悪い場合には、コミュニケーション能力に問題があるとされてしまいますので注意が必要です。

 

 

また、同僚や上司とは英語や現地語でのコミュニケーション力が求められます。会社の人とコミュニケーションが取れなければ、業務がうまくいくわけがなく、これは海外就職する際の最初の難関となっています。それほど高い語学力が求められているわけではありませんが、積極的に話しかけ、できるだけ誤解がないように何度も確認し、できるだけ新しい単語を覚えていく努力が必要です。

 

 

外国人ですからコミュニケーションに問題があることは他の社員も百も承知です。しかし、最低限のやりとりはできなければ、業務に支障がきたしますから、結局はその会社で働くことが難しくなってしまいます。よって、海外就職した場合は覚悟して色々と学ぶ姿勢を保ち続けることが大切となります。

 


このページの先頭へ戻る