海外で働く前に必要な物:語学力編

 海外就職を考えている人が増えています。日本企業が長引く不況を打破するため、ニーズのあるところに出向いて稼ぐためです。そのため海外で活動している日本企業は、海外支社などの社員を日本に来日している留学生などに絞り込んで採用活動をおこなっているところがあります。

 

 

 もし、語学力があれば、その留学生に混ざり、自分の実力を試したいと思っている人は多いのではないでしょうか?留学生と同じ土俵でとなると入社後、海外就職を前提としているはずです。

 

 

 日本人なのに、留学生など外国籍の人と同じ土俵で採用試験を受けることは、日本人にとってかなりの冒険です。当然のことながら語学力も問われます。その語学力も日本人として外国語を学んだのではなく、現地の言葉を現地の人と同じように操り、なおかつ日本語も正確に話すことができる能力が問われるのです。語学力を生かして海外就職を目指したのは素晴らしいことですが、日本人であることも期待されることになるのです。

 

 

 運良く、受験した企業に合格したら、海外就職として自分でビザなどを手配しなければなりません。留学生が母国や新しい赴任地へと旅立つようにです。現地の治安情報などもある程度は企業からもらうことは可能かもしれませんが、日本採用で海外赴任をする人と同じ待遇ではないはずです。会社に頼らず自分自身の力で勝ち取った海外就職です。ワールドワイドで働く、自分の理想像にむかって歩き始めたことを誇りに思ってください。

 

 


このページの先頭へ戻る