日本企業もほしがるグローバル人材

グローバル人材に最も必要なものは、専門知識であり業務を遂行する能力の高さです。たくさんの言語を話し、たくさんの文化を理解していることは必ずしも必須ではありません。もちろん、実際に海外で業務を遂行するためには、現地の言葉や文化を理解していることが必要になることが多いため、語学力の高さも重要な項目の1つではあります。

 

 

しかし、言語自体は通訳を雇えば済むことも多いので、現地語ができないからといって、グローバル人材になれないことはないのです。グローバル人材になりたかったら、キャリアアップを繰り返し、自分がどこの国へいっても通用する実力や能力を身につけることが大切です。その上で、現地語や現地の文化に詳しくなれば、どこの国でも就職は難しくないと言っても過言ではないでしょう。

 

 

それは海外の国だけにはとどまりません。日本企業にとっても、グローバルに活躍できる人材はとても魅力的です。高い能力があり、海外とのやりとりが多くなっているので、今後もますますニーズは高まることでしょう。

 

 

グローバルな人材として認められるには、海外であれ、日本であれ、どこでも認められる実力を得ることが大切となります。言語が違っても、コミュニケーションに多少の問題があっても、文化が異なっても、実力のある人は自分に自信があり、風格を持っていますから、どこの国の人でもなんとなく尊敬してくれます。逆にどんなに色々な言語を話しても業務内容を理解していない人はグローバル人材とは言えず、日本企業への就職はとても難しいでしょう。

 

 


このページの先頭へ戻る