海外で働く事の利点:広い視野で物事を見るように

海外で働くことは、海外に住むことであり、人生にとって貴重な体験ができるチャンスとなります。日本での就職難に比べれば、発展途上国での就職活動は難しくありません。発展途上国の経済は成長し続けており、日本メーカーが多く進出していることから、日本人マネージャーが常に不足している状態です。

 

 

日本から駐在員を派遣している会社でもコストを抑えたいので、現地採用に常に替えたいと思っています。駐在員を派遣した場合は、日本での給与と共に駐在員手当てが必要であり、最低でも月に40万円以上は支払わなければなりません。

 

 

一方で現地採用の場合は15万円以上からであり、企業は常に駐在員を現地採用に変更したいと思っているのです。ですから、例えポストが空いてなかったとしても常に求人はしており、潜在的な求人数はとても多いです。発展途上国へ海外就職した場合には、それなりに高いポジションでの採用になる場合がほとんどであり、キャリアアップができる環境です。

 

 

そして、海外で働くことで視野も広がりますから、スキルも経験も実力も、全てを手に入れることができます。ただし、現地採用で海外就職した場合には給与が低くなるのが欠点となりますが、現地の物価水準を考えれば問題なく暮らせる賃金となっています。

 

 

日本だけにこだわって就職活動をしていたのでは、求人数も限られます。世界を舞台にすることで、無限の求人数があり、無限のチャンスが得られます。視野を広げて、海外の求人も検索してみてはどうでしょうか。

 


このページの先頭へ戻る