海外で働く事の利点:プライベートの時間を大切に出来る

何故、日本人はこんなにプライベートの時間を削ってまで会社に従事するのでしょうか。

 

 

あまりに当たり前になってしまっているのが現実ですが、冷静に考えて見ると一日のうちのほとんどを会社や仕事に拘束され、職場の人間との方が家族よりも過ごしている時間が圧倒的に多いと言う状態。

 

 

サービス残業や休日返上も今の時代は当たり前。大切な家族との用事を理由に仕事を断ろうものならまるで降格や首も覚悟しなければいけないと言うほどの圧迫されたストレスフルな毎日。一度海外就職を経験してしまうとますます日本での働き方に疑問が浮かびます。

 

 

海外就職での利点はプライベートとの線引きをきちんとできるところではないでしょうか?もちろんだからと言って仕事もそこそこにして遊んでいていいわけではありませんが。やらない人間には厳しい環境です。任された仕事に対して結果を出すこともそれなりに必要です。

 

 

けれどだからと言ってダラダラと会社にいる必要も無ければ、きちんと自分のタイムテーブルに合わせて仕事をしていれば家族や恋人、友人のためにたくさんの時間を使ってあげることが可能です。

 

 

長い人生、一度しかない人生、大切な人達のためにやっておきたい、見守っていたい出来事がたくさんあるはずです。働く場所と働き方ひとつで何もかもが変わってくると思います。プライベートの時間を大切にできるからこそ、明日からの仕事にもまたフレッシュな気持ちで臨むことができ、オン・オフの切り替えが得意な人間になれると思います。


このページの先頭へ戻る