海外で働く事の利点:短期間でキャリアアップが実現

海外就職をした場合、短期間でのキャリアアップが可能となります。特に発展途上国においては、新卒者やそれほど経験のない若手が登用されて、数ヶ月で管理職になるケースも少なくありません。

 

 

発展途上国では、日本語が使える日本人しかつけない職業であるか、管理職でしか働けないケースが多く、一般社員での採用はほとんどありません。企業側としても一般社員は現地の人を採用した方がコストが安くすむので、日本人で一般職員であるのでコールセンターや日本語教師など、日本語が話せる日本人しかつけない職務内容でなければ、現地の人を雇います。

 

 

例え、経験が不足していても、現地採用の場合は、給与も安いので大目に見てもらえます。また、発展途上国では、全体的に業務の進行速度が遅いので、不慣れな人がやっても大きな問題にならないというメリットもあります。そして、駐在員の給与は高いので企業は常に駐在員を現地採用に替えたいと思っているので、人材紹介会社などに登録すれば多くの企業が求人を出していることが分かるでしょう。

 

 

日本での就職よりもはるかに敷居が低く、経験も年齢も性別も関係なく、やる気と日本語が話せるというだけでたくさんのチャンスが転がっているのです。海外就職をする人が増えて、以前よりは厳しくなってきましたが、まだまだ日本よりは簡単に高いポジションにつくことができます。

 

 

早くキャリアアップをしたい人は、発展途上国の現地採用を検討することをオススメします。

 


このページの先頭へ戻る