海外で働く事の利点:残業・休日出勤が少ない。

海外就職をした場合、残業や休日出勤は少ないことが多いです。それは日本の労働基準法よりも残業や休日出勤に対する割増率がはるかに高いからです。

 

 

また、労働者の権利も強く、サービス残業などというものはありません。労働者の全ての人が無賃金だったら働かない環境ですし、サービス残業を強いた企業は賃金未払いで訴えられますのでどこの企業もやらせません。割増率が高いせいで、残業自体もたくさんさせるとコストが大幅に高くなってしまいますので、企業は新しい人を雇って対応しようとします。

 

 

海外就職では実力主義で厳しいというイメージですで、実際にその通りですが、過剰なノルマがあるのではありません。ちゃんと会社に貢献できる人であることを求めているだけです。ですから、過剰に働かなければならないような仕事量は与えられませんし、もしもこなせた場合はボーナスなどの報奨金が期待できます。やったらやっただけ貰えるというのも海外就職の良いところです。

 

 

ただし、管理職などで就職した場合は、日本と同様に長時間労働をしなければならないこともあります。手当ての対象外となってしまうような人は部長以上の役職につく人に多いです。もしも、高い役職で手海外就職をしたいと思っている人は注意が必要となります。

 

 

日本と同様に、どれくらい働かなければならないのかを事前にチェックしましょう。しかし、長時間労働と言っても日本人からすれば短時間労働の場合も多く、日本で働くよりはゆとりある生活ができることがほとんどです。

 


このページの先頭へ戻る