海外で働く事の利点:組織より個人を尊重

海外就職をした場合、個人の権利が非常に尊重されていることを感じることができます。日本のように組織のために働いているような社員は全くいません。社長であっても、さらなる良い条件の転職先が見つかればすぐに転職してしまいます。

 

 

全ての社員が会社よりも自分の方が大切と言うのが当たり前のことだと思っているのです。日本人も会社よりも自分のことを大切にしたいというのが本音でしょうが、それができないように会社が特殊な環境作りをしているので、表向きは自分のことよりも会社のためという建前が必要となっています。

 

 

海外ではそのような面倒な建前はないので、非常に楽に自分の権利を主張でき、個人が大切なのは当たり前のこととして、受け入れられます。法律も同僚もそのようにできていますし、雰囲気も個人の尊重が徹底していますのでとても仕事がやり易い環境にあります。

 

 

ただし、海外就職した場合は、仲間意識というのは役割分担をちゃんとやることによって生まれますので、役割分担をきちんとこなせないと、仲間として認められず解雇にもつながりかねないのが海外就職の厳しいところです。

 

 

しかし、やるべきこととちゃんとやれる人は、仲間として認められ、自分の役割だけをやっていればいいのでとても楽です。変に気を回すことはないのです。例え、仲間が深夜まで残業していても、役割が異なれば、担当も異なり、一緒に残業するようなことは一切ありません。とても気軽に働けるのが海外就職のメリットです。

 


このページの先頭へ戻る