海外で働く事の利点:年功序列より実力主義

最近では、管理職になったりすると仕事上の負担が増えることから、出世を望まない人も増えているようですが、かたや意欲的な仕事を求めて海外就職でキャリアアップ目指す人もいます。

 

 

そういったことから、仕事のやりがいを求める人は実力主義な海外の企業でキャリアを積むことを考えており、欧米では特に実力主義の企業が多いことは確かです。その背景はどのようなものがあるのでしょうか。基本的に海外就職をした場合には報酬体系が実績報酬というところが多いです。

 

 

そのため、自分がやった分については報酬という形で報われますが、出来なければ容赦なく解雇されることは覚悟しなければいけません。また、日本的といわれるような、慣習でしなければいけないことなどは比較的少ないため、真に仕事のやりがいを求める場合はいい選択ではないでしょうか。

 

 

特に金融業界は徹底した実力主義であることが知られており、日本円にして数億円稼ぐ人も少なくないことや、その他の働き買いという意味でも、多民族国家であることから様々な価値観のもとで仕事ができることは、刺激をもらえて画期的なアイディアが生まれる源泉となっています。

 

 

そういったことからも、海外就職については、文字通り荒波にもまれて鍛えられる覚悟を持って世界に進出していけば、新たな価値観を身につけることができ、グローバルに世界で戦える実力を身につけていくことにつながっていき、そんな人材が今後は求められます。

 


このページの先頭へ戻る