実力に自信があるなら

海外で働くことに漠然とした「憧れ」を持っている人も沢山いるようです。しかしそれだけでは具体的に海外に行ったり、実際にそこで働くことは難しいですね。ここでは少し海外で働くことのメリットともいえることを一緒に考えてみることにしましょう。

 

まずその一つ目は徹底した「実力主義」です。日本ではどんなに仕事ができても、結局勤続年数などで給与が決まってしまいます。しかし海外では年齢や性別で待遇が決まらないのです。つまり若くても女性であっても自分の努力と功績次第でいくらでもキャリアを高く積み上げることができるのです。例えば営業であれば売上、デザイナーであれば優れた作品が評価の対象になります。他の点に関しても考えてみましょう。

 

日本の企業では各従業員はあくまでも組織の目的を達するための一つの「コマ」であると考えられ来ました。ですから苦労して就職しても希望しない部署に配属されたなんてことはよくあることなのです。しかし海外の企業ではより個人の「スキルアップ」とか「目的意識」を大事にしてくれます。やりたい仕事にエントリーするのも自由ですし、やりたくない仕事に論理的な裏付けがあればそれが認められるのです。

 

 

ですから自分の能力や伸びしろに自信がある人はぜひとも海外企業への就職を考えてみることができるのです。でもこのような海外就職はどのように見つけることができるのでしょうか。今では専用の仲介会社がいますので、そのような企業の担当者に相談してみることができます。


このページの先頭へ戻る