新卒海外就職は不利?

新卒者の場合は、日本の大手企業にて長期研修を受けられた方が有利な場合がほとんどです。しかし、研修のないような中小企業などで働くなら、海外就職の方が経験とスキルがつくので、研修体制のある大手に内定できなかった新卒者は海外就職を考えてみるのもいいと思います。

 

実際に海外でスキルと経験を積み、キャリアアップをして日本の企業に返り咲いたケースも多数あるからです。海外で働くことで、語学力やコミュニケーション能力が高まりますし、色々な問題に対応する力がつくので、数年の経験を積めば日本での就職も可能となります。

 

ただし、海外の企業では研修などが豊富な場合はほとんどなく、実際の業務を通じて業務を覚えていかなければならず、とても大変です。しかも、外国ですからやり方も常識も法律も異なり、同僚や上司とのコミュニケーションも困難ですから、仕事では問題だらけです。

 

ただし、日本ほど厳しい雰囲気で仕事をしている国はなく、もっとリラックスした雰囲気で働ける場合がほとんどですので、その点では心配することはありません。逆に言うと海外で長く働いてしまった人は、業務の処理速度が遅くなりがちで、品質も低くなりがちなので、あまり長く海外に勤めてしまった人は日本で働くことは難しくなるでしょう。日本での就職を希望しているなら、2,3年で辞めることが肝心です。

 

2,3年の勤務でその国がもっと好きになり、もっと住んでいたいと思うならそのまま働くことも可能です。いずれにしても、研修の豊富な大手に内定できなかった新卒者は海外就職も視野に入れた方がチャンスが広がります。

 

 

就労ビザの取得は覚悟が必要

海外就職する際には、必ず就労ビザが必要になります。就労ビザがない状態で働けば不法就労となってしまうので会社側でサポートしてくれない場合には絶対に働いてはいけません。

 

就労ビザの取得は覚悟が必要となります。というのは、これは会社の協力なしには申請できず、就労ビザの縛りがあるおかげで、日本国内で働く時のように簡単に転職ができるわけではないからです。転職の際には、帰国しなければならなかったり、再申請しなければならなかったりして、大きな出費と手間を強いられることもあるので、海外就職する際には、国内での企業選び以上に慎重に会社選びをする必要があります。

 

会社によっては、ビザの申請に非協力的であったり、この手続きを行う変わりに、労働条件の変更を求めてきたります。ありがちなケースでは給与のカットです。悪質な会社に入社してしまうと、大変なことになったり、不利な労働条件を呑まなくてならない状況になったりするので注意が必要です。

 

万一、会社が申請してくれないと、不法就労の状態になってしまい、どこへも相談することができなくなってしまいます。公的機関に相談すれば、自分の不法就労がばれてしまうからです。ですから、海外就職した際には、申請が認可されるまでは、断固として働かないようにすることも大切です。きちんと確認せずに働き出してしまい、ずるずると不法就労の状態のままになったり、この弱みを利用して会社からの不利な条件をのんで働くことのないようにすることが大切です。

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る